会社設立

会社を設立するには、様々な届出が必要となります。煩雑な手続きはまるごと司法書士へお任せください。

一般的な株式会社設立の場合、会社設立までの流れは下記のとおりとなります。 このような煩雑な作業を当事務所がサポートすることで余裕と自信を持って万全の態勢で開業・起業を行って頂けます。

設立の流れ

司法書士との面談・会社構成等の決定

当事務所の司法書士と面談して頂き、下記のような事項を決めて行きます。

  • 商号
  • 本店
  • 事業内容
  • 資本金の額
  • 株主の出資割合
  • 役員構成
  • 決算期 等

お客様の状況に適した会社設計をご提案させて頂きます。

yajirushi

資本金の払い込み・書類捺印等

公証役場・法務局へ提出する書類は全て当方で作成致します。

お客様に行って頂くのは次の4点のみです。

資本金の払い込み

出資者(発起人)のうちどなたかお一人の口座へ資本金をお振込頂きます。
元々残高があっても必ず新たにお振込頂き、通帳の写しを法務局へ提出します。

会社実印

会社設立の登記申請と同時に、代表者の印鑑を届出ます。
この時届け出た印鑑が会社の実印となります。
実印の他、普段から使用する認印・銀行届出用の印鑑等も併せて作成されることをお勧めします。
当方で代理して作成することも可能です。

nagare-03

出資者の印鑑証明書を公証役場へ、役員の方の印鑑証明書を法務局へ提出します。
それぞれ取得をお願い致します。

nagare-04

当方で作成致しました書類へご捺印を頂きます。

yajirushi

定款作成・認証

会社設立に先立って公証役場にて定款を認証してもらう必要がございます。 司法書士が全て代理して行います。 なお、ご自分で会社を設立する場合、通常、定款の印紙代4万円がかかりますが、当事務所にご依頼の場合は電子定款にて作成するため、印紙代は不要です。

yajirushi

登記申請・印鑑届出

最後に法務局へ登記申請をすることによって会社設立手続きが終了となります。 法務局への登記申請日が会社設立の日となります。 また、同時に会社の実印を法務局へ届け出ます。 司法書士が全て代理して行います。

yajirushi

税務署等への届出

登記完了後、税務署等へ届出をする必要がございます。 また、建設業や宅建業等、特別な許可や届出が必要な事業もございます。 ご希望があれば、税理士・行政書士等各種専門家と連携を取り、サポートさせて頂きます。

suport
会社設立までのサポートで終わりではなく、その後の各種ご相談もして頂けます。長いスパンでの御社との協力関係を築きます。

※別途お見積り