本人確認情報作成にあたって必要な書類

本人確認情報作成にあたって必要な書類

権利証がない場合の、資格者代理人による本人確認情報作成にあたっては、下記の1号書類または2号書類が必要となります。原本の確認をさせて頂き、法務局に写しを提出致します。

・1号書類(公的証明書かつ写真が貼付されたもの。下記のうち1点以上が必要です。)

・運転免許証(道路交通法92条1項に規定するもの。)

・外国人登録証明書(外国人登録法5条に規定するもの。)

・旅券等(出入国管理及び難民認定法2条5号に規定する旅券及び同条第6号に規定する乗員手帳。ただし、当該申請人の氏名及び生年月日の記載があるものに限る。)

・運転経歴証明書(道路交通法104条の4に規定するもの。)

・2号書類(氏名、住所、生年月日の記載が必要。下記のうち2点以上が必要です。)

・国民健康保険の被保険者証

・健康保険の被保険者証

・船員保険の被保険者証

・後期高齢者医療の被保険者証

・介護保険の被保険者証

・医療受給者証(高齢者の医療の確保に関する法律13条に規定する健康手帳の医療の受給資格を証するページ)

・健康保険日雇特例被保険者手帳

・国家公務員共済組合の組合員証

・地方公務員共済組合の組合員証

・私立学校教職員共済制度の加入者証

・国民年金手帳(国民年金法13条1項に規定するもの。)

・児童扶養手当証書

・特別児童扶養手当証書

・母子健康手帳

・身体障害者手帳

・精神障害者保健福祉手帳

・療育手帳または戦傷病者手帳(当該申請人の氏名、住所及び生年月日の記載があるもの。)