登記識別情報について

登記識別情報について

平成18年から平成20年にかけ、従来の権利書に変わり、新しく発行されるようになったのが「登記識別情報」です。役割は、今までの権利書と変わりません。しかし、従来は不動産の売却や担保設定の際に権利書そのものを法務局に提出して所有者本人の確認していたのに対し、登記識別情報は文字通り、情報ですので、英数字の組み合わせの暗証番号のようなもので本人を確認するような制度になっております。登記申請の際に、登記識別情報通知の記載された書面そのものを提出せず、番号だけ提供すれば良いのです。

従来と比べて偽造はされにくくなりましたが、登記識別情報を盗み見られたりコピーを取られたりすると、登記識別情報通知の書面が手元にあっても、盗まれたと同じ状況になりますので、注意が必要です。

登記識別情報通知は、英数字の組み合わせの番号が袋とじにされた状態で(少し以前のものは目隠しのシールが貼られて)発行され、見られなくなっています。封がされたままの状態で保管して頂ければ、開封されて盗み見られてしまった時は、少なくとも開封されたということが判り、対処可能です。登記識別情報が発行された際には、封がされたままの状態で大事に保管することをお勧め致します。