株式会社と合同会社

株式会社と合同会社

会社には様々な種類がありますが、一般的に設立されるのは株式会社または合同会社です。

それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

株式会社

メリット

・認知度が高く、商取引がスムーズに進みやすい。

・株主を募集することにより、多額の事業資金を調達しやすい。

・出資と経営の分離を明確にすることができる。

・会社の規模に合わせた柔軟な機関設計が可能。

・合同会社に比べて求人に対する反響が良い傾向がある。

デメリット

・設立時の登録免許税が高い。

・定款認証手続きに5万2000円程度必要となる。

・決算公告を毎事業年度ごとに行う必要がある。

・役員の任期が満了する度に改選手続きを行う必要がある。

・株主が多数となった場合に株主名簿の管理が大変となる。

合同会社

メリット

・設立時の登録免許税が安い。

・定款認証手続きが不要。

・決算公告の義務がない。

・出資と経営の一本化により迅速な意思決定が可能。

・出資割合に関係なく利益配分を決定できる。

デメリット

・社長は代表取締役ではなく、代表社員の肩書きとなる。

・世間的に零細(小規模)企業のイメージが強い。

・決算公告義務がないため、取引企業に敬遠される可能性がある。

・社員(出資者)同士で対立が起きると意思決定がストップする。

・合同会社の認知度が低く、求人に対する応募に影響がある。