債務整理

債務整理

どんなに返済しても、生活を切り詰めても、借金が減らない…そんな悩みを抱えて苦しんでいらっしゃる方のために、債務整理という方法がございます。
司法書士がしっかりとお話をお聞きし、最適な解決方法をご提案します。
借金が残っていると思った場合でも、計算したら実は過払金が発生していて、逆にお金が返って来た、といった事例もございます。

債務整理には、以下のような方法がございます。

saimuseiri

・任意整理

裁判所を通さず、借入先との話し合いで、利息のカットや分割払いの合意をする手続きです。
司法書士がお客様に代わって借入先との交渉を行いますのでご安心ください。
任意整理の手続きをすると、受任日以降の利息は基本的に発生しません。またそれまでに発生した分の利息も減額出来る場合がございます。支払期間は最長5年程度となります。

・個人再生

 裁判所に申し立てをし、借金の金額を5分の1程度(最低100万円)に減らし、原則3年間で返済を終える手続きです。
条件に合えば、住宅ローンの支払いは続け、他の借金についてのみ減額をすることが出来ますので、ご自宅を手放すことなく手続きをすることが可能です。

・自己破産

 裁判所に申し立てをし、高額な財産については借入先に配当後、なお残る借金を免除してもらうという手続きです。
自己破産をすると、特定の仕事に就けない等いくつかデメリットもございますが、借金が全て免除される点でメリットも大きい手続きです。
なお、「選挙権がなくなる」「戸籍に記載される」などと誤解をされている方もいらっしゃいますが、そのようなことはございません。

・過払金請求

長期間取引をしている場合、過払金が発生しているかもしれません。
以前は消費者金融・信販会社の多くが「利息制限法」で規定された制限利率よりも高い利息で取引をしていました。
現在、制限利率を超える利率で取引された分は無効となり、払い過ぎた分を返してもらえることが裁判等で認められています。
完済したものでも完済から10年以内であれば、返還を請求することが可能です。

相談料は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

債務整理の料金はこちらをご覧ください。

よくあるご質問はちらをご覧ください。