不動産登記(表示の登記・測量)

建物の登記(表示登記)

家を新築した

建物表題登記

建物を新築したときに行う登記を建物表題登記といいます。
建物表題登記とは、建物の種類や構造、床面積といった建物に関する物理的な状況を、登記簿に登記する手続きです。建物を新築した場合、期限内に表題登記を申請する必要があります。

 

家を増築した

建物表題部変更登記

建物が増築したり、一部を取壊した場合、現況に合致させるため登記を変更する必要があります。

家を取壊した

建物滅失登記

建物を取壊した場合、期限内に建物滅失登記をする必要があります。建物の解体はしたけれど、登記だけ残ってしまっているようなケースも時々見られます。登記をしないで放っておくと、過料に処せられる可能性があるだけでなく、建物の名義人が亡くなってしまった場合に相続を証する書類が必要となったり、住所が変わった場合に、住所変更を証する書類が必要となることもございます。建物を取壊した場合、速やかに登記手続を行ってください。

当事務所では登記手続は勿論、建物の解体工事につきまして、信頼できる工事業者をご紹介することも可能ですので、是非ご相談ください。

土地の登記(表示登記)

土地を分割したい

土地分筆登記

土地の一部を売却したい、相続した土地を兄弟で分けたいといった場合は土地を分筆し登記をします。
分筆とは、1つの土地(一筆の土地)を複数の土地に分割し分けることをいいます。 土地分筆登記をした後に一部売却の登記や兄弟それぞれに登記することが可能になります。
土地分筆登記の前提として境界確定測量が必要となります。

土地の面積を直したい

土地地積更正登記

実際に測量した土地の面積(実測面積)と登記簿の面積(公簿面積)が異なる場合に、登記簿の内容を実測面積に更正する手続きのことを土地地積更正登記といいます。 古くからある土地の場合、明治時代に作成された記録がそのまま登記されている場合があります。土地地積更正登記の前提として境界確定測量が必要となります。

複数の土地を1つにしたい

土地合筆登記

土地が何筆にも分かれている場合、土地を管理する上で分かりにくい場合があります。
また、自分の土地の登記簿を取得する際、筆数が多い場合は毎回多額の印紙代を支払わなければなりません。 そのような場合に数個の土地を1つの土地に合わせる登記手続きを土地合筆登記といいます。
また、相続した数筆の土地を相続人の人数に合わせて分け直したい場合も土地分筆登記の前提として土地合筆登記をします。

土地の地目を直したい

土地地目変更登記

敷地を駐車場にした場合や畑だった土地に家を建てた場合に土地の「地目」を現況に合わせる土地地目変更登記をします。地目変更登記は期限内に申請する必要があります。

土地の測量

境界をはっきりさせたい

境界確定測量

自分が主張する境界線とお隣が主張する境界線が異なる場合や、境界杭が無くなってしまった場合、あるいは土地を売却したい場合はお隣との土地境界をはっきりさせる必要があります。 隣地所有者の立会い及び確認や官公署の図面をもとに土地の境界を全て確定させる測量のことです。(私道部分や官有地につきましては、しない場合があります。) 土地分筆登記や土地地積更正登記を行う場合は、境界確定測量により境界が確定していることが必要です。

おおよその自分の土地の広さを知りたい

現況測量

現在の土地の状況をそのまま反映させただけの測量であり、ブロック塀・建物・既存境界標等の現地に存在する地物を測り、対象土地のおおよその寸法・面積・高さを知りたいときにする測量です。
土地境界については調査や確認を行わないため、算出される土地の面積は「現況面積」と呼ばれ、境界確認後の「確定実測面積」とは寸法や面積が異なってくることが多く、注意が必要です。
また、土地境界に関しては、道路管理者や隣接土地所有者との立会を行いませんので、費用を安く抑えられ、作業も比較的短期間で終了致します。

相談料は無料ですので、まずは土地家屋調査士にご相談ください。

よくあるご質問はこちらをご覧ください。