メニュー

対応可能業務の区分 - 市川相続遺言相談窓口|市川で相続・遺言でお困りの方へ

無料相談実施中

TEL:047-314-1490

対応可能業務の区分

司法書士は弁護士とよく比較されますが、同じ士業でも業務の制限範囲が違います。
弁護士は対応できるが司法書士は業務範囲外というものがあります。

司法書士が対応可能な遺産相続業務

  • 相続登記申請手続き(不動産名義変更)
  • 商業登記申請手続き(会社名義変更)
  • 故人が所有する不動産調査
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続人の調査(相続人の確定)
  • 戸籍謄本等の取得
  • 相続放棄手続き(裁判所への提出書類作成)
  • 被相続人の銀行預金解約
  • 株式、投資信託の名義変更
  • 遺言書の作成

遺産相続で司法書士ができないこと

司法書士では対応が難しい事案としては、遺産分割、調停、訴訟、遺留分減殺の業務が挙げられます。相続人の間で紛争が起きたり、訴訟に発展するトラブルが発生した場合の代理業務です。

司法書士は、民事事件で請求額が140万円を超える案件については代理人になれません。この金額を超えるような事案は弁護士のみが対応可能となります。また、相続税の申告も税理士の独占業務になりますので司法書士は対応できません。提携先の各専門家をご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

TEL:047-314-1490

  • 無料相談実施中
  • お問い合わせフォームはこちら